小堀馨子の業績

小堀馨子の業績表及び一部の業績へのリンクです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
小堀馨子の業績一覧

「論文」・「翻訳」・「監修」のうちの太字の作品Amazon.co.jpのサイトにリンクしております。太字のリンクをクリックなさると、お手軽にお買い物をして頂くことができます。 Amazon.co.jp アソシエイト


論文 論文


「古代ローマにおける死者祭祀―レムリア(Lemuria)祭考―」
(『東京大学宗教学年報』28 p55-66)
東京大学
宗教学研究室
平成23年
(2011年)3月
「古代ローマにおける死者祭祀―パレンタリア(Parentalia)祭考―」
(『東京大学宗教学年報』27 p31-44)
東京大学
宗教学研究室
平成22年
(2010年)3月
「古代ローマ社会におけるローマ人の宗教意識序説――古代ローマ宗教の研究史概観」
(宗教史学研究所編『宗教史とは何か』(下巻)
リトン社 平成21年
(2009年)12月
 
「古代ローマの太陽神(帝政期前期)」
(宗教史学研究所編太陽神の研究』(下巻)p.151-167)
リトン社 平成15年
(2003年)5月
 
"Roman Religion and its Religiosity"
(『東京大学宗教学年報』19 p15-32)
東京大学
宗教学研究室
平成14年
(2002年)3月
 
「ヘレニズム時代の東西文化交流史上のイエスは仏教徒だった?の歴史的背景―ドイツにおけるインド観の思想史的問題とからめて」 (担当:p294-313)
同朋舎
平成11年
(1999年)6月
 
「『アウグストゥスの宗教復興』の再検討」
(『宗教研究』314 p51-74)
日本宗教学会
平成9年
(1997年)12月
 
「アウグストゥスの宗教復興に関する一考察」
(『東京大学宗教学年報』13 p73-86)
東京大学
宗教学研究室
平成8年
(1996年)3月


学位論文

修士論文『「アウグストゥスの宗教復興」の宗教学的考察
   ―古代ローマ帝政初期の宗教事情について―』
東京大学
大学院
平成6年
(1994年)12月
卒業論文『都市ローマにおけるユダヤ人シナゴーグ』 東京大学 平成5年
(1993年)1月


翻訳書 翻訳


キース・ホプキンズ神々にあふれる世界
(中西恭子氏と共訳;筆者の担当部分は第1・2・8章)
岩波書店 平成15年
(2003年)11月


監修 監修


グルーバー&ケルステン
市川裕+小堀馨子
監修・解説
イエスは仏教徒だった?
同朋舎
平成11年
(1999年)6月
さかもと未明
監修:小堀馨子
マンガ ギリシア神話 神々と人間たち
講談社
平成10年
(1998年)3月
さかもと未明
監修:小堀馨子
マンガ ローマ帝国の歴史1 ユリウス・カエサル、世界の運命を握った男
講談社
平成19年
(2007年)3月
さかもと未明
監修:小堀馨子
マンガ ローマ帝国の歴史2 アウグストゥス、揺るぎなき帝国の礎
講談社
平成19年
(2007年)4月
さかもと未明
監修:小堀馨子
マンガ ローマ帝国の歴史3 カリグラ、ネロ、ユリウス朝の崩壊
講談社
平成19年
(2007年)5月


書評 書評(新刊紹介を含む)


梁賢恵「尹致昊と金教臣 その親日と抗日の論理
近代朝鮮における民族的アイデンティティとキリスト教」
(新教出版社)
『宗教研究』322
p.198-204
日本宗教学会
平成11年
(1999年)9月


1997年度 国際宗教研究所 ニュースレター 13・14・15号 国際宗教研究所 平成9年
1996年度 国際宗教研究所 ニュースレター 9・10・11・12号 国際宗教研究所 平成8年
1995年度 国際宗教研究所 ニュースレター 8号 国際宗教研究所 平成7年


M・アダス=ルベル『フラウィウス・ヨセフス伝』
(『東京大学宗教学年報』11号)p.217〜p.222
東京大学
宗教学研究室
平成6年
(1994年)3月


学会発表 学会発表


●学会発表のタイトルが太字でリンクがあるものは、発表要旨へのリンクです。

「ローマ人の宗教観「religio」の意味の多層化」
(第62回西洋古典学会:2011年度:静岡大学
  平成23年
(2011年)6月5日
"How would Westerners Value the Similarity Between Ancient Roman Religion and Shinto?"
The challenge of Monotheism in Asia and in particular in Japan:東京大学
  平成22年
(2010年)8月31日
「古代ローマにおける religio 概念について」
(日本宗教学会 第六十八回学術大会:2009年度)
宗教研究』343 p.81-82
日本宗教学会
平成22年
(2010年)3月
"Questions on ancient Roman religion in the republic"
Société Franco-Japonaise des Études Grecques et Romaines, Circulaire no. XX (2009)
アテネフランセ
  平成21年
(2009年)2月28日
"Religio in Cicero's work"
Classical Association Annual Conference 2006 at University of Newcastle upon Tyne
  2006年4月9日
"Issues on religious rituals on the Parilia described in Ovid's Fasti"
(Work-in-progress seminar at Institute of Classical Studies
  2006年3月24日
""Religio" - the notion of the religion of the Romans?"
IAHR 2005:東京(高輪プリンスホテル))
  平成17年
(2005年)3月26日
"The usage of "religio" in Cicero's work"
Annual Meeting for Postgraduates in Ancient History at University of Leicester
  2005年3月19日
"The views of Numa Denis Fustel de Coulanges in his book La Cite Antique and their influence on Lafcadio Hearn when writing his book Japan an Attempt at Interpretation"
(ラフカディオ・ハーン シンポジウム:大手前大学
  平成16年
(2004年)9月29日
"Roman festival rituals - on the Parilia"
(Postgraduate Ancient World Conference at University of Bristol
  2003年7月23日
"The festival of the Parilia in Ovid's Fasti"
(Work-in-progress seminar at Institute of Classical Studies
  2002年2月15日
「キケロにおけるReligioの検討」
(第51回西洋古典学会:2000年度:京都大学
  平成12年
(2000年)6月3日
「『古代ローマの宗教の本質』をめぐる議論について」
(日本宗教学会 第五十八回学術大会:1999年度)
宗教研究』323 p.81-82
日本宗教学会
平成12年
(2000年)3月
「言説の生成過程―「永遠のローマ」をめぐって―」
(日本宗教学会 第五十七回学術大会:1998年度)
宗教研究』319
p.163-164
日本宗教学会
平成11年
(1999年)3月
「『創られた伝統』論の可能性−アウグストゥス時代の場合−」
(日本宗教学会 第五十六回学術大会:1997年度)
宗教研究』315
p.105-107
日本宗教学会
平成10年
(1998年)3月
「ローマ帝政初期の宗教事情−アウグストゥス時代の様相−」
(日本宗教学会 第五十五回学術大会:1996年度)
宗教研究』311
p.136-137
日本宗教学会
平成9年
(1997年)3月
「古代ローマの宗教について」
(日本宗教学会 第五十四回学術大会:1995年度)
宗教研究』307
p.120-121
日本宗教学会
平成8年
(1996年)3月


その他−辞書項目 その他

映画で学ぶ現代宗教 項目執筆: 「ダ・ヴィンチ・コード」、「イエス映画の変遷」 弘文堂 平成21年
(2009年)5月
ぶらり日本語 外国語を通じて知る日本語
雑誌『日本語学』 2003年 11月号
明治書院 平成15年
(2003年)11月
神道事典 項目執筆: 神生み、名神、母子神、蕃神、その他 弘文堂 平成6年
(1994年)




| 目次 | 20:15 | - | trackbacks(1)
ENGLISH VERSION


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ, 小堀 馨子, 中西 恭子, 本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
イエスは仏教徒だった?―大いなる仮説とその検証
イエスは仏教徒だった?―大いなる仮説とその検証 (JUGEMレビュー »)
エルマー・R. グルーバー, ホルガー ケルステン, Elmar R. Gruber, Holger Kersten, 岩坂 彰, 市川 裕, 小堀 馨子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
カウンタ
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS